朝、仕事に出かける直前になって、妻から言われた一言で目が覚めました。
「前に頼んでおいた子供の誕生日プレゼント、大丈夫だよね?」
今日が子供の誕生日でもあり、妻から子供の欲しがっているプレゼントを予約し、買って欲しいと頼まれていた事を、すっかり忘れていました。
実は前の日の夜、同僚や後輩と遅くまで飲んでいて、財布の中にお金がありませんでした。
このままじゃ子供のプレゼントも買えません。
早速朝一番でキャッシング業者さんに電話を入れ、事情を説明し融資を申し込みました。
本当に親切な業者さんで、迅速に審査を行い、その日のうちに私の口座に振り込んで下さったので助かりました。
午後から仕事を休み、町中の玩具店に電話をかけ、たまたま子供が欲しがっていたおもちゃを置いている所を見つけました。
早速キャッシング業者さんからお借りしたお金でそれを買い、事なきを得たのです。
ピンチの時、急にお金が必要になった時こそ、頼りになるのはキャッシングだと改めて感じました。