Rafflesではシンガポール内に数々の病院を運営していますが、中でもジャパニーズクリニックは在留邦人や日本人旅行者が安心して医療を受けられるよう、Rafflesホスピタル内に設けられたものです。
医師、歯科医師は全て日本人で、看護師や事務員もほとんどが日本人スタッフのため、病気やケガで不安なとき、英語では上手く症状が伝えられないときでも安心して治療を受けることができるでしょう。
簡単な検査や処置、点滴治療も可能であるほか、受付から薬の処方、会計まで全て済ませることができます。
状態によってはホスピタル内の専門医へ紹介をしてもらえます。
Rafflesは総合病院ですから、日本同様にチーム医療による治療や手術、入院なども行えます。
その際にも、ジャパニーズクリニックのスタッフが日本語でサポートしてくれるので、心配はいりません。
日本語専用ホットラインやメールでの問い合わせもできるので、体調で気になる事があれば早めに相談してみましょう。